ACTIVITY

ソニーマンが20年超の研究を経て開発した「どこでもドアのようなもの」とは

コロナ禍の2年半で、ZoomやTeamsなどのテレビ会議システムを使ったり、スマートフォンのテレビ電話を使ったりする機会が激増した。言い換えれば距離の制約を越えて「バーチャルで会う」ことを経験した人が世界中で激増したわけだが、便利さを実感する半面「リアルに会うのとは違う」と思うのもまた事実。今回イ

対面を超えた満足感!新時代「リモート診療」のアイデア

当連載ではこれまで、医療現場での課題解決に役立つ可能性を秘め、また医療従事者や患者さんの心に寄り添うテクノロジーをご紹介して参りました。今回は、東京医科歯科大学医学部附属病院(以下、TMDU)でトライアル中の「リモートリハビリテーション」に注目します。ぜひ、前編も合わせてご覧ください。m3.com

遠隔診療にも期待大!心を繋ぐ“丁度良いテクノロジー”

コロナ禍の医療現場では、面会制限により患者が家族に会えないという課題が浮き彫りになりました。それを解決するためのオンライン面会システムとして、高画質・大画面で離れた場所と場所を繋ぐソニーの縦型モニター「窓」が注目を集めています。まるで本物の窓のように、あたかも隣に相手が存在するかのようなリアルな体

コロナ禍でも立会い分娩したい!あの大学が叶えたウルトラC

当連載ではこれまで、医療現場での課題解決に役立つ可能性を秘め、また医療従事者や患者さんの心に寄り添うテクノロジーをご紹介して参りました。今回は、香川大学医学部附属病院 産婦人科で実施される、ソニーの縦型大画面モニター「窓」を用いた立ち合い分娩の取り組みについて伺いました。m3.com LIFEST

まるでどこでもドア!?病室の“窓”から見えたものとは…

むかし見たアニメのように、距離を飛び越えてどこへでも行ける扉があったらいいのに……誰しも一度はそんな思いを巡らせたことがあるのでしょう。どこでもドアは、未だ無いけれど、距離を飛び越えて、会いたい人に会うことができる「窓」があったとしたら、一度は体験してみたいと思いませんか?ここでは、コロナ禍の面会

「誰かと共に在る」感覚

不思議なご縁から、「窓」プロジェクトについて寄稿させていただくことになったテラジマアーキテクツ社の"More Life Lab"。「いのちをちかくする」23年間の「窓」の研究開発で見えてきたものをまとめさせていただきました。お時間許せば、ぜひご覧ください!(^-^)/

あたかもそこにいるかのような”つながり”を届けたい 「NUROオンラインセッション」で子どもの体験格差の解消へ

子どもの体験格差を少しでも減らすための活動として、ソニーネットワークコミュニケーションズが行っているのが「NURO(ニューロ)オンラインセッション」という社会貢献活動。体験のベースとなる場所へ高速光回線「NURO 光」を無償で提供、ソニーのテレプレゼンスシステム「窓」を使い、ソニーグループ各社が持

TOP